こまいログ(仮)

アーティテクチャ駒井のブログです。映像、広告写真、イベントの制作をする会社の代表をしています。

あけましておめでとうございます

皆様、あけましておめでとうございます。

普段あまり年をまたぐということを意識しないたちで、年の瀬にも、「1月ってただの来月が来るだけじゃん」とか発言して忘年会の空気を凍らせたりすることが多いのですが、たまには区切りをつけて気持ちをリブートするのも良いかな、なんて思って新年のポストを書いてみることにしました。

2015年は、アーティテクチャとしては3期目の年でした。この年を振り返ると、キーワードは「人」だったなと思います。 もしかすると毎年同じことを言ってるかもしれませんが、その場合は誰かこっそり教えて下さい。

内情としては、2015年が始まる少し前に、親友の川又が合流して、やっと創業時から決まっていた人的基盤が整ったという年でした。

僕のお仕事としては、新しく出会った人たちに素敵なプロジェクトの仲間に入れていただいて、ディープな関係をたくさん築けました。 今年出会った誰も、まだ1年以内の付き合いだなんて信じられない気持ちです。 そのトレードオフとして、長年お世話になっている方々に多大なご迷惑をお掛けするシーンもありました。これは紛れもなく僕のキャパシティ不足で、本当に申し訳なく思っています。ごめんなさい。

そして11月、新しいメンバーがジョインしてくれました。フランス人のAure(オーレ)。フルネームは長いので忘れました。 どこかで見かけたら「オーレ」と気軽に呼んであげて下さい。 フランス語と英語と日本語とスペイン語を流暢に喋り、日本語の腕前で言うと、日常的に漢字でメールを打ってくる感じです。 パリ大学(第7)をマスターまで行って日本映画の研究をしていた面白い男です。 本業は映像制作の見習いではありますが、イベントの通訳係の経験もあったりするので、彼の語学や見識が必要な場面があれば是非呼んであげてください。

2016年、ディレクターとしての自分自身の目標設定などは、特に公言しないで相変わらず粛々と心の中でやろうと思っていますが、会社としては、いくつか伸ばしていきたい事業があります。

そのエース、演奏会撮影のサービスは本当にオススメなので、興味のある方は是非facebookページをご覧ください。

演奏会撮影のイデー・フィクス -facebookページ-

これは本当に良いサービスで、音大出身で撮影のプロである川又にしか出せないクオリティだと思っています。

実はもう1つ、撮影関連のサービスを近日中にご案内できそうです。

川又の担当領域である撮影事業を、僕があえてオススメしまくっているのは理由があります。 プロが撮影する写真や映像は本当に素晴らしくて、人が24時間写真や映像をを見られるデバイスをポケットの中に持ち歩く時代において、人生のどの瞬間もプロクオリティの撮影で残せる社会になったら良いなと思っているためです。 スマホが人のポケットに入っているということは、カメラが無くとも写真がいつでも撮れるという意味でもありますが、それに抗うのではなく、シーンによって使い分けて、ここ一番で選んで頂けるようになりたいと思っています。

年明けは3日から稼働してます。皆さん新年会しましょう!

そんなわけで、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。